ABOUT

対話部は、部員3名がそれぞれの持つ専門領域を活かし、

暮らしの中で生まれる素朴な疑問について「対話」するユニットです。

忙しなく流れていく現代社会の中で

何気なく繰り返される人々の営みを"あえて"問い直し、

他者と見方(価値観)を共有し、対話することで、より良い生き方を模索しています。

EVENT

PROFILE

  • 古瀬正也

    1988年埼玉生まれ。神奈川県鎌倉市稲村ガ崎在住。フリーランスのファシリテーター。2008年、ワールド・カフェを体験し、対話に興味を持つ。2010年、47都道府県でワールド・カフェを開催し、延べ1200名が参加。2012年、「古瀬ワークショップデザイン事務所」開業。2013年、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。中央省庁や行政、民間企業、NPOなどあらゆる分野で300回以上のワークショップを実施。近年では、南山大学のTグループやトレーナートレーニングを経て、体験学習を基にした研修なども行う。最近の関心は、円坐、ミニカウンセリング、ファミリー・コンステレーション、新実在論、オープン・ダイアローグ、当事者研究。

  • 北川真紀

    1989年滋賀県生まれ。2009年北タイに住む少数民族・リス族の村を訪れたことをきっかけに人類学と芸術(民藝)に興味を持つ。上智大学英語学科卒業後、<ウルルン滞在記>のような番組制作を夢見てテレビ局に入社。広報、美術展事業、芸術番組のプロデュースを経て2016年に退社。以後、東京大学大学院にて本格的に文化人類学に取り組む。研究関心は、「生」の手応え、感覚経験、家事労働。現在は電気やガス、水などの供給網(グリッド)から離れてエネルギーを自給しながら生活する人々の暮らし=「オフグリッド」を調査し、その感覚経験と創造性を探っている。今年中に国内にて長期フィールド調査を開始予定。

  • 佐々木晃也

    1989年北海道生まれ。東京都台東区在住。2009年から他者との特異的な出会いの経験に関心を持ち、対話の研究を始める。対話の(生まれやすい)態度の研究の後、社会変革行動の起因となる対話の微視的分析の研究、対話を促進させる問いのデザイン過程の研究を行う。対話の発生を個々人の態度、相互作用の構造、そして環境因子という三つの視点から調べながら、「出会い以前」つまり「孤独の過ごし方」そのものに問題意識を感じ、スピノザ哲学に傾倒。4年の社会人経験を経て、2018年4月から京都の大谷大学大学院文学研究科(修士課程)に進学予定。 研究関心は、ストア倫理学の思想的系譜(汎神論・決定論的自由)とドゥルーズ哲学。

CONTACT

※お問い合わせは、taiwabu@gmail.com へメッセージでお送りください。

FACEBOOK